本のなかを旅する日々〜かりあの読書日記〜

本大好きのその周辺。思ったことや読んだこと。

ニューヨークの魔法使い / シャンナ・スウェンドソン

 

ニューヨークの魔法使い <(株)魔法製作所> (創元推理文庫)

ニューヨークの魔法使い <(株)魔法製作所> (創元推理文庫)

 

 うわーーーー!

面白かった…!

実は先月に一度挫折しているのだ。最初の2ページを読んで「なんか軽め…?」と思い他の本にチェンジしていた。その後どうにもその2ページの内容が気になって読み進めたところ…。

 

1ヶ月前やめた自分にビンタを食らわしてあげたい…!!!

 

いやいや、東京創元社さんからペラペラな本は出ませんね…出るはずがありませんね…。(圧倒的信者)本当に大いに反省しております。

 

魔法版『ブリジット・ジョーンズの日記』とのことで、どうにもその謳い文句のせいで軽いコミカルなものと見なしがちで、この宣伝文句はやめたほうがいい気がする。確かにあらすじ通り全体的に雰囲気はキュートではあるし、舞台がニューヨークということもありオシャレだけれど、物語は骨太。割と予想を良い意味で裏切る展開ではあるし、主人公ケイティとオーウェンの距離感もすごく好きだった。

書き手によってはバカバカしくなりそうな設定をうまく使って、読者をのめりこませる実力のある作家さんだなあと読みながら感動してしまった。

まだまだシリーズものなのでしばらく楽しめそうで嬉しい。

 

 

スポンサーリンク