かりあの読書レビュー

読んだ本のレビューを書いてます

人智学・心智学・霊智学

 

人智学・心智学・霊智学 (ちくま学芸文庫)

人智学・心智学・霊智学 (ちくま学芸文庫)

 

 

なぜamazonリンクがひらけんのだー!!

まあいいや、復旧次第またリンクだけ貼り直します。

 

とりあえずルドルフ・シュタイナーの『人智学・心智学・霊智学』。

実は今回挫折…しました…。ぐふ…。

一年前にシュタイナーの『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか 』を読んでものすごい感銘を受けたので(付箋だらけになった)、今回も期待して読んだのだが、一つの疑念が…。

 

シュタイナーって講演の方がもしやわかりづらいんじゃない…??

 

いや。まだ2冊で決めるのは早計というものだ。まだわかないじゃないか…。

しかしどうにも前回の『いかにして〜』の方が簡潔にまとまっていたのに対して、本書の講演録はいささかくどさが際立って、もともと内容的に難解なのに更に混乱を招いてしまった。

シュタイナーの他の著書も積んでいるので(どんだけ積んでんねん)、まず講演以外のものをもう一度読んでみようと思います。

今回は完敗であった。

 

スポンサーリンク