本のなかを旅する日々〜かりあの読書日記〜

本大好きのその周辺。思ったことや読んだこと。

一冊でまるごとわかるギリシア神話

 

一冊でまるごとわかるギリシア神話 (だいわ文庫)

一冊でまるごとわかるギリシア神話 (だいわ文庫)

 

 

そしてまたしてもまとめての更新である。

読んだらすぐに感想を書きなさい、わたし!

吉田敦彦著のこの本、イラスト付きでかなり軽そうなのに、これがなかなかどうして深い内容で実に面白かった。調べたところこの著者、神話についての有名な先生であるらしく、この後に読んだ河合隼雄の本にも神話の話題において氏の名前が挙がっていた。

ギリシア神話は教養としてはなかなか必須であり、ことに自分のように歴史を趣味でちまちま勉強している身としては(勉強といってもいいレベルですらないがw)大必須なのであるが、全然、ほとんど、知らなかったのであった…!!!!

いや、あれだ、ゼウス・アポロン・ヘルメス・アテネ・ゼピュロスとかその辺は知ってたさ!けどゼウスのあのえげつない(爆)奥さんヘラまでは知らなんだ。でも実におもしろくておもしろくて、関連書物をどっさりポチってしまった。罪。今後もオリュンポスの神々についてはちまちま知識を蓄えていこうと思う。ちなみにこの記事を書いているいま、ローマ時代が舞台の小説を読んでいて、嫌というほどギリシア神話の神の名前が挙がってきてるのである意味前もって読んでてよかったと思っているw

 

スポンサーリンク