本のなかを旅する日々〜かりあの読書日記〜

本大好きのその周辺。思ったことや読んだこと。

中空構造日本の深層

 

 

なんなんでしょうか…今度は画像が貼れました…ww

ようわかない。

 

さてさて、河合隼雄先生の本です。

村上春樹が「僕のことをわかってくれるのは河合先生しかいない」的なこと言っていた、あの心理学者の河合先生です。

ユングの研究者でもあり、何冊か河合先生の本は過去に読んだけれども、知的興奮に満ちることが多く、今回読んだ本もそうだった。

 

日本神話を見たときに何が西洋神話と違うかを比較し、そこから「あれ?日本って中心が無くない?」という考察に向かっていく。その「中空構造」がほとんどの日本人の精神や果ては家族関係にまで影響していることを見事に解き明かしていく。実に素晴らしい。自分の思想の一つの軸になりそうな考えだと思った。

 

スポンサーリンク