本のなかを旅する日々〜かりあの読書日記〜

本大好きのその周辺。思ったことや読んだこと。

誰かが嘘をついている / カレン・M・マクマナス

 

 

 

 

ぎゃーー!!もうめちゃくちゃ最高のミステリだったーー!!大好き大好き!!

 

 

あらすじ

 

放課後の理科室で、5人の高校生がルール違反の罰で教師に作文を書かされていた。だが突然、生徒の1人サイモンが苦しみだし、病院搬送後に死亡する。検死の結果、警察は事件性があると判断した。サイモンは生徒のゴシップを暴くアプリを運営しており、ほかの4人は全員が彼に秘密を握られていたのだ。4人は順繰りに事件について語っていく。いったい、誰が何を隠しているのか?

 

 

私的登場人物紹介

 

 ブロンウィン

最上級生。秀才で優等生肌の女子。イェール大学への入学を希望している。

 

アディ

同。プロムクイーン的存在。イケてる女子軍団の1人。

 

ネイト

同。麻薬の密売をしたりしている札付きの不良少年。

 

クーパー

同。スポーツマン。メジャーリーガーを目指す野球少年。

 

サイモン

同。学内のゴシップアプリ<アバウト・ザット>を運営。理科室で死亡。

 

 

全体の感想

 

これはめっちゃ私が大好きなやつやーーーーーん!と心の中で叫びながら、鼻息も荒く一気に読んでしまう。

ことに最後の100ページあたり!!

犯人は見えてこないのに、生徒たち4人の独白が続く中、どんどんと彼らが何を隠しているのかの真相が露わにされていく。犯人誰だー!と目を血走らせながらどんどんページをめくるワシ…。

 

舞台はアメリカのハイスクール。

はい。もうね、ミステリとか興味ないけどアメリカのハイスクールが舞台のドラマとか映画とは好きよ〜とかいう人。しのごの言わずに読みなさい。あなたの大好きなやつだから。

そうなのである。

アメリカンハイスクールものが大好きな人ならこれはぜひオススメしたいミステリなんです!スクールカーストとかプロムがどうとかそのあたりが気になる人〜!wwww

 

事件に巻き込まれるのは、いわゆる「秀才ちゃん」「不良」「イケてる女子」「スポーツマン」という肩書きを持った、ほとんど接点のない4人。

しかし彼らはこの事件をきっかけに徐々にお互いを知り、仲良くなっていく。この過程だけでももう「んあ〜〜〜!!!大好き!!」となるのである。

 

しかししかし、彼らは4人ともそれぞれに人に言えない秘密を抱えている…。それがまたね…。誰かが事件に関係することを隠しているのか否か…。もうそれがわからなくて悶絶。楽しい。

 

あーまた嬉しい再読本ができてしまったよー!ミステリとしても「誰が犯人かわからーん!」と思いながら読んだので、思いっきりそこんとこを楽しんで読んだのだけれど、さっきも書いたように、この小説の楽しみは犯人当てだけならず、このまったく接点のない4人が心を通わせ、周りの協力してくれる人たちをもまた巻き込んで、学校内でわちゃわちゃしてるだけの部分も最高に楽しく面白いのである!ここは本当に力説しとく!

ちょっと落ち込んだり人生に絶望したら、<ベイビュー高校>の面々に会いに本書を開こうと思う。

大好きな本がまた増えてほくほく。

 

それではまた!!

 

 

   

 

 

 

 

スポンサーリンク